2009年11月12日

米国の死者4千人の可能性 新型インフル

【新型インフル】米国の死者4千人の可能性 CDC試算

 新型インフルエンザによる4月以降の米国内の死者が、4千人に上る可能性のあることが米疾病対策センター(CDC)の試算で分かった。11日付の米ニューヨーク・タイムズ紙などが報じた。>>続きを読む

 CDCはこれまで、医師からの報告に基づく推定値として死者は千人以上と発表してきた。より正確な数を把握するため、新型インフルエンザ感染後に細菌性の肺炎や臓器不全によって死亡した人の数を考慮して試算した結果、死者数は4千人前後に膨らむという結果になった。CDCはさらに数値の妥当性を評価した後に発表する見通し。

posted by hackingnice at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。