2009年10月16日

国債追加発行は不可避なんて、おかしくないか?

税収、40兆円割れへ 国債追加発行は不可避

 国の09年度の税収(一般会計分)が、当初見通しの46兆円を大きく下回って40兆円を切り、24年ぶりの水準に落ち込む見通しになった。昨秋からの急激な景気悪化で法人税が落ち込んでいるためだ。この穴埋めのため、現時点で44兆円を見込む新規国債の追加発行は避けられない。借金が税収を上回る戦後初めての異例の事態となる。 >>続きを読む

 国が金を必要とするときになぜ国債なんて発行するわけだ。一部の経済支配者達に洗脳されているのではないのか?必要ならば金を作ればいいだろう。日本銀行券を発行させればいいのではないのか?なぜできない?おかしいですねぇ〜〜。まあ政府紙幣でも良いですけど・・・。

posted by hackingnice at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。