2009年08月23日

死亡説のタリバーン系司令官、評議会で後継者選出

死亡説のタリバーン系司令官、評議会で後継者選出

(CNN) パキスタン北西部の部族地域、南ワジリスタンを拠点とする「パキスタン・タリバーン運動」の関係者は22日、死亡説が指摘されているベトゥラ・メスード司令官の後継に、ハキムラ・メスード氏が選出されたと語った。>>続きを読む

 21日に開かれたシュラ(評議会)で、ハキムラ氏が新司令官、19日に司令官代行を名乗ったマウルビ・ファギル・モハマド氏が新副官、ハゼム・タリク氏が新スポークスマンにそれぞれ選ばれたという。

posted by hackingnice at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。